口元や唇に水ぶくれが発生しているあなた!それ、口唇ヘルペスかもしれません!ヘルペスには口唇ヘルペスと性器ヘルペスというものが知られており、どちらもヘルペスウイルスというウイルスの増殖の影響によって生じます。ヘルペスについて学びましょう。

薬と細菌
  • ホーム
  • ヘルペスの治療薬の代表はバルトレックス

ヘルペスの治療薬の代表はバルトレックス

細菌

ヘルペス治療において、最も効果的かつ手軽に使用できる薬と言えばバルトレックスが知られています。
バルトレックスはバラシクロビルを有効成分とする治療薬の一つであり、病院でも広く処方されている第一選択薬です。
バラシクロビルはアシクロビルを改良して開発されたプロドラッグで、服用すると肝臓で分解されてアシクロビルへと変換されてヘルペスウイルスに作用します。
ウイルスがDNAを複製して増殖するのを止める働きがあり、1日2回の服用で済むため非常に手軽です。

ヘルペスが発症した際に用いるだけでなく、再発を繰り返す場合の抑制療法として用いることもできます。
毎日バルトレックスを1錠服用し、これを8週間から1年ほど継続することで再発率を大幅に引き下げることができます。
臨床試験では再発率が60%にまで下がったので、再発で悩まされている場合は再発抑制療法を検討すると良いでしょう。

バルトレックスは500mg配合錠と1,000mg配合錠がありますが、基本的なヘルペスなら500mg錠を1日に2回、約5日間の服用すれば症状を軽快させることができます。
副作用の心配は低いですが、頭痛やめまい、蕁麻疹に吐き気といった一般的な薬の副作用症状が出ることがあります。
また、肝臓で分解されるため肝機能に影響することもあり、人によっては黄疸や全身倦怠感、血液検査時の肝機能異常なども現れるので注意が必要です。

さらに、非常に稀な副作用ではありますが、アナフィラキシーショックという重篤なアレルギー反応が出ることもあります。
急激に症状が進行し、血圧低下やチアノーゼなどを引き起こして命を落とすケースもあるので十分に注意しましょう。
初めて服用する場合は、できるだけ一人の時を避けて服用してください。

非常に効果の高い治療薬ですが、薬価がかなり高額なのが難点です。
このためバルトレックスのジェネリック医薬品であるセントレックスの人気も高く、海外から個人輸入で安い価格で手に入れる人も多いです。

バルトレックスなら通販で買える

バルトレックスやセントレックスはインターネットの通販サイトを利用して購入が可能です。
どちらも有効成分はバラシクロビルであるため、効果や副作用に違いはありません。
一つ違いを挙げるとすれば、セントレックスのほうがジェネリック医薬品であるためバルトレックスよりも値段が安いという点でしょう。
しかし、ジェネリック医薬品の使用は不安だという人は個人輸入を利用してバルトレックスを購入することをおすすめします。

バルトレックスの個人輸入というのは、輸入代行を行ってくれる会社に頼んで海外の製薬会社から医薬品を購入するという方法です。
正確に言えばこれは通信販売ではないのですが、普通の通販サイトと同じように利用が出来るため便利です。
バルトレックスに関して言えば、有効成分のバラシクロビルが500mg含まれているものと1000mg含まれているもののどちらも買うことができます。
自分の用途や症状に合わせて使いやすいほうを選ぶと良いでしょう。

薬の個人輸入は海外からの取り寄せとなるため、国内の通販サイトでショッピングをする場合に比べると若干自宅に商品が届くまでに時間がかかります。
しかし、遅くても10日~数週間程度で配送してもらうことが可能です。
個人輸入のサイトでバルトレックスを注文してから自宅に届くまでの期間は薬の生産国によって変わってきます。

バルトレックスやセントレックスなどヘルペスの治療薬は、病院で処方してもらうと高額になってしまうことがあります。
個人輸入であればその点費用を安く抑えることができるためおすすめです。
また、まとめ買いして自宅に薬をストックしておくこともできるので、再発抑制療法に使いたい場合などにはとくに便利です。